1日1万Gの利益がでたら十分なんじゃないかな
+ メニューを表示
関連コンテンツ →
ヴェクトラース#19
982PV 11月11日に投稿 創作

故に"地図屋"は地図を書く。

世界は長らく停滞していた。

街道は途切れ、
あちこちに焦土が散らばり、
世界を支えていた"市場(いちば)"も崩壊して久しい。

"ヴェクトラース"の店主が、サファイア街の店を開いたのは、そんな頃だった。

「…この世界には、今は、本当に何もない」
ようやくぽつぽつと建ち始めた商店を眺め、少女は野望を抱く。
「"誰もがやりたいことをやれる世界"。私はそれがほしい。
まずは、"市場(いちば)"と同等の、安定した原料・常備薬の供給を整備できるように」
少女は、薬屋を目指した。

少女は手始めに、薬調合入門の本を書くことにした。

近所の地図を頼りに、素材を集める。
水と、木の枝。色草に、鳥の羽根。
紙を漉き、ペンを作る。
薬草もいくらか手に入った。

手探りで薬の作り方を見つける。
ポーションはどうにか作れたが、エーテルはどうしても乳鉢がないとうまくいかないようだった。
「乳鉢なんて…今は手に入らないわ」
かつては、意識する必要もないほど当たり前にあった乳鉢。
今のこの世界では、まだ手を付ける店もほとんどない。
「…作るしかないか」

乳鉢を作るには、石をノミで削らなくてはならない。
だが、この頃は商店のほとんどがエメラルド街にあり、残りのほとんどがサファイア街とミミ星人街にある、というような状況で、
ノミはおろか、鉄鉱石すら、そうそう出回らなかった。
「…そこからか」

近くの鉱山への地図と、薬草の入手量も増やしたかったので、近くの山への地図も書いた。
あまり多くはなさそうながら、鉄鉱石の採れそうな場所に赴くと、木槌があれば、どうにか採取はできそうだった。
「…木槌か」
もう、いけるところまで自力でやってやろうと思った。

山へ向かって、林道から丸太を持ち帰る。木の枝の方がたくさんあった。
近くの山への地図はあっという間にぼろぼろになった。
「斧があれば、もっと楽かしら…」
木槌を作り、鉄鉱石を集める。
近くの鉱山への地図はあっという間にぼろぼろになった。何度も書き直した。
「融かすとか意識したこともなかったわ…」
かつては鍛冶屋の標準装備だったらしい炉を作る。
鉄を融かしてインゴットに。
「砥石…」
石を木槌で割って砥石を作り、ノミと斧を作り。
ようやく手にした乳鉢を手に、少女は呟いた。
「やっぱり、というか、想像以上に、細かく分業しないと、"やりたいこと"に辿り着きませんわ」

かくて、少女は宣言する。
「私、地図を売ることにします」
人口の重心を目指し、トパーズ街に移っても、少女は地図を書き続けた。

こうして"地図屋"は、今なお地図だけを書いている。

コメントを投稿するには ログイン または 新規登録 をしてください。

タグクラウドもっとみる

新着投稿さらに表示

高評価投稿

人気投稿

  • 最近
  • 今週

トップページ

SOLDOUT2

ゲーム紹介
初心者の方へ
よくある質問

ゲームシステム


地形
店舗種類
ポイント

職種一覧
称号一覧
Tips

アイテム
店舗情報
更新ページ

タグクラウドもっとみる

講座 (96)
はじめてのSOLDOUT2 (92)
噂のSOLDOUT2 (84)
日記 (79)
創作系 (70)
考察 (53)
初心者向け (52)
NPC売り (48)
検証 (46)
店主への10の質問 (42)

はじめてのSOLDOUT2
🎉 初心者必見! 🎉
はじめてのSOLDOUT2
詳しくはこちら

新着投稿さらに表示

高評価投稿

人気投稿