1日1万Gの利益がでたら十分なんじゃないかな
+ メニューを表示
関連コンテンツ →
深谷
190PV 11月12日に投稿 ひとりごと

はじめてのSOLDOUT2 10年ぶりの帰還

こんばんは。shopらるの店主です。
創業して16日の新参者ですが、はじめてのSOLDOUT2ということで、今までのことを書き連ねてみます。

このようなゲームとの出会いは約10年前にさかのぼります。僕は今大学4年生、21歳ですが、小学校の5か6年生の頃だったと思います。
そのときはSOLDOUTではなく、確か商人物語のほうだったと思いますが、ナツメグ村で店主を営んでいました。小学校の仲良かった友達と3人で試行錯誤しつつ遊んでいましたね。
小学生の考えることは単純なもんで、初めはみんな剣とか防具とかを売りたいわけですよ。
けれども、数十店しかお店がないサーバーではそれでは需要を食いあうだけだと気づきました。それから、僕は酪農家としてミノ牛乳とその加工品を(高めに)売って生計を立てることにしました。 今考えると小学生ながらいろいろ考えていたんだなぁと思います。そのぶん愛着も沸いていました。しかし、小学校を卒業するまでにはナツメグ村が閉鎖となってしまいまして、商人物語から遠ざかってしまいました。

そして、16日前、僕は進化したSOLDOUT2が半年ほど前から稼働していることに気づきました。どこかのサイトの紹介記事だったと思います。
「これは!!」と思い、秒で開店。あの時は本当にうれしかったですね。
店名は当然「shopらる」。ナツメグ村閉鎖から10年越しの開店です。

最初は、あの頃と同じ酪農家を目指そうとも思いました。けれども、せっかくだから色々試してみたいと思い、近所の地図を使って探索。30分。
探索をスタートして倉庫を見ると、あれ?スピポがある。
1時間短縮できる、すげえ!だがしかし残り時間は29分。僕はケチなので勿体なくて使えず、30分ひたすら待ちました。
そして30分後に、妖精さんが戦利品を持って帰ってきて、感動。10年前と同じあの感覚や記憶が蘇ってきてちょっと泣きそうになりました。戦利品がしょぼいからじゃないよ!

そして近所のものを売り続けて地図が破れてなくなりそうになって、ペンと紙を作って地図が書けるという発見をしました。いざペンと紙を用意して作業欄を見ると、「近所の山の地図」。くそ懐かしい、と思ってそちらを作り始めました。
待ち時間は1時間だったので意気揚々とスピポ使用して一瞬で完成。成功した。運がよかった。ここで作った山の地図が破れてからもう一枚書こうとしたら3回連続で失敗して心が折れかけたのもいい思い出。

山への地図の作業欄でハンターボウが必要な獣道探索に惹かれ、ハンターボウを買って探索。
そこから僕の狩人・肉屋生活が始まったのでした。
10年前、牛乳やヨーグルトやチーズを売っていたように、食べ物や生き物にかかわる仕事。 SOLDOUTの世界ではこういうことがやりたかったのかもしれませんね。
古参の皆さんよりも半年近く後れを取ってしまいましたが、これから頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

shopらる 店主 #22013

コメントを投稿するには ログイン または 新規登録 をしてください。

タグクラウドもっとみる

新着投稿さらに表示

高評価投稿

人気投稿

  • 最近
  • 今週

トップページ

SOLDOUT2

ゲーム紹介
初心者の方へ
よくある質問

ゲームシステム


地形
店舗種類
ポイント

職種一覧
称号一覧
Tips

アイテム
店舗情報
更新ページ

タグクラウドもっとみる

講座 (92)
はじめてのSOLDOUT2 (91)
日記 (76)
創作系 (68)
考察 (50)
初心者向け (47)
NPC売り (46)
店主への10の質問 (42)
検証 (42)
レシピ (22)

はじめてのSOLDOUT2
🎉 初心者必見! 🎉
はじめてのSOLDOUT2
詳しくはこちら

新着投稿さらに表示

高評価投稿

人気投稿